症状と接し方

聴診器

他人事では済まされないうつ病の症状として、抑うつ状態などの心の症状に加え、睡眠障害などの身体の症状がみられます。また、ストレスから逃げずに頑張り続けてきたうつ病患者との接し方で大切なことは「励まさない」ことです。

受診先を決めよう

レディ

紹介状をもらえば総合病院の初診費用を抑えられるため、うつ病の治療でも、掛かりつけ医が居る時は最初にそちらへ行くのも得策です。うつ病では精神科や心療内科へ通うことが基本ですが、それらの標榜に抵抗がある時は、メンタルクリニックを選びましょう。

うつについての基礎知識

看護師

病院へかかる前に

うつ病患者の増加に伴い、うつ病に関する知識を持つ方も増えていることでしょう。ですが、まだまだ完全に浸透したとは言い難く、偏見を持つ方も少なくないのが現状です。うつ病の治療には、患者や医師の力だけではなく、周囲の方々による支援も必要不可欠です。もし自分や自分の身近な人がうつ病にかかったとしたら、どのように対処したらよいのでしょうか。どのような病であるのかを改めて考え、正しい知識を身に着ける必要があります。「うつ病」という言葉を聞いたとき、どのようなイメージを持つでしょうか。すべての物事が憂鬱に感じられ、意欲を失う抑うつ症状がうつ病の最も代表的な症状であり、多くの人が連想するうつ病のイメージそのものであるでしょう。ですが、それはほんの一部の症状であり、この症状が出ていない=うつ病ではないというものではありません。近年増加している病においてはこの症状にあまりあてはまるとは言い難いのです。新型うつと呼ばれるこの病気の特徴は、自分の好きなことや興味があることには非常に前向きであり、普段通りに接することができるという点です。たとえば仕事のある日は朝から気分が憂鬱であったり、気分が悪くなったり、あるいは睡眠をとることができなくなります。しかし休日になると元気になり、遊びに行くことができる、というものです。この症状は一見すると仕事や学校をさぼるためのわがままであるととらえがちですが、これもうつ病の一種なのです。ただのわがままであるのか、それともうつの症状であるのかを区別することは難しく、あまり周囲の理解を得ることができないのが現状です。患者にとってはわがままではなく、本当に具合が悪くなったり、ストレスから過食傾向がみられたりすることもありますが、なかなか病気であるとみられることはなく、治療することなく症状を悪化させてしまうケースも見られます。少しでも怪しい症状が現れた場合には、医師にかかる前に自己診断を行うことをお勧めします。WEB上に公開されている診断表がありますので、質問に従いチェックをするだけで簡単にうつかどうかの診断を行うことが可能です。また、睡眠障害などの可能性も合わせて診断することが可能です。うつ病の疑いがあるか、医師にかかるべきかどうかを判断する貴重な判断材料になります。

初期症状が表れたら

カウンセリング

うつ病の特徴をしっかり抑え、万が一発症した時に役立てられるように準備をしておくようにしましょう。精神疾患の中でも怖い病気の一つなので、うつ病の初期症状や効果的な治療方法をちゃんと学んでおく必要があります。

日常生活にひそむ病

病院

うつ病には二種類が存在し、中年層が仕事上のストレスで発症しやすい大うつ病と、気分の波が特徴的な双極性障害があります。いずれも気分の落ち込みなどの心の異変に加え、睡眠障害などの身体の異変が併発することが特徴的です。

思考面の変化

男性

うつ病は放置しておくと取り返しのつかなくなることもある病気ですが、その反面、きちんと治療をすれば治すことのできる病気です。どのような症状があるのかを知るのは大事なことで、特に思考面の変化が顕著に出ているのであれば重要な決断は避けます。

おすすめ関連リンク

  • うつ病サプリ

    怖い病気の代名詞!うつ病の治療をこちらで学んでいきましょう。色々な情報があるのでとてもためになること間違い無し。
  • うつアカデミー

    うつ病になったらどうしますか?なった後に考えるのではなく、ならないためにどうしたら良いのか先に調べておきましょう。ならサイトをクリック。