医者

受診先を決めよう

レディ

先ずは病院の特徴を把握

ストレスが蔓延する現代において、うつ病は誰にでも起こり得る病気ですが、何科で治療を受けられるのか具体的に分からない場合も珍しくありません。うつ病を治療する時は、精神科や心療内科から受診先を選ぶのは基本ですが、普段から通っている掛かりつけ医がおられるなら、先ずそちらで相談するといった方法もあります。精神科と心療内科は大きな総合病院でも開設されているのですが、紹介状なしで初診を申し込んだ場合、初診時選定療養費として別料金を請求されるのが一般的です。この金額は病院ごとで違ううえ、厚生労働省による地域医療の推進政策にも基づいているため、総じて安い料金ではありません。そこで、最初は主治医の所へ行き、紹介状を書いてもらいますと、総合病院での初診費用を抑えるられるようになります。一方、うつ病の治療先として精神科と心療内科に分かれている理由ですが、これはそれぞれで担当する症状が異なるためです。主にイライラや不安など、精神面の治療を受け持つのが精神科であり、嘔吐や下痢があっても胃腸には問題がないなど、精神面が起点の身体不調は心療内科が受け持ちます。従いまして、病院の受診科目を決める時は、自分が今悩んでいる症状を基準に選ぶようにしましょう。病院によりましては精神科ではなく、神経科となっている場合もありますが、原則として両者は同じものです。ただし神経内科は神経麻痺や脳梗塞など、末梢神経や脳の疾患を治療する診療科ですから、間違わないようにしてください。また、近年ではメンタルクリニックも非常に充実しているため、うつ病の治療では、そちらを選ぶのも良い方法になっています。このクリニックでは精神科や心療内科などを取り扱っており、それらの標榜の病院では抵抗感がある時に、選びやすい医療機関です。メンタルクリニックは厳密には診療科の名称ではありませんが、うつ病の治療へ気軽に通いたい場合は、選択肢に加えておくと良いでしょう。そして精神病院は、精神科に絞った医療施設となっており、通院をはじめ入院にも対応するなど、多彩なうつ病治療を受けられるのがメリットです。このため症状が進んだ重度のうつ病や、入院も視野に入れて治療したい時は、精神病院が適しています。