医者

症状と接し方

聴診器

早期発見・改善のために

ストレス要因に溢れた社会の中で暮らす現代人の中で蔓延する心の病の一つとして、うつ病は徐々に患者数を増やしています。100人に1人が発症しているとも言われる、他人事では済まされない心の病を予防し、万一のときにも早期発見できるように、その特徴を知っておくことが大切です。うつ病の症状の代表例として、気分が落ち込み意欲が低下する「抑うつ状態」が挙げられます。この症状は午前中に現れることが多く、午後は通常通りの生活を送れる患者も数多くいます。午後の様子だけを見ていると治療の必要がないように感じるかもしれませんが、抑うつ状態を発症している患者を放っておくと、最悪の場合寝たきり状態になる恐れがあります。普段は平気な様子でも、午前中に抑うつ状態が続いている人が周囲にいたら、早期に専門医に相談するよう取り計らってあげることが重要です。うつ病の早期発見に大切なことは、抑うつ状態に加えて身体に現れる症状の特徴を理解することです。代表的な症状の一つは睡眠障害で、寝つきが悪くなったり夜中に何度も目が覚めてしまったりする症状がみられます。加えて、身体を動かしていないにも関わらず運動後の疲労感や倦怠感が現れ、休息後もその感覚が治らないという症状もみられます。うつ病ではその他にも多種多様な身体の症状が現れますが、個人差が大きいことも覚えておかなければなりません。どれだけ注意していても、現代社会に溢れるストレス要因でうつ病にかかってしまう可能性は少なからず存在しています。万が一周囲の人がうつ病にかかってしまったとき、気を付けることは患者を「励まさない」ということです。最も代表的なうつ病である大うつ病は、真面目で完璧主義なメランコリー親和型性格と言われる性格の人がかかりやすいとされています。つまり、ストレスに耐えて頑張り続けて限界を超えた人がうつ病にかかっていると言えます。これまで逃げずに頑張ってきた結果としてうつ病になってしまった人に「がんばれ」という言葉がけはふさわしくありません。上手なストレス対処法を学ぶ意味も込めて、「しっかり休もう」という言葉で寄り添ってあげることが大切です。