医者

初期症状が表れたら

カウンセリング

症状と治療方法

日本人は比較的精神疾患や精神病に掛かり易いと言われており、中でも患者数が多いのがうつ病で、年々増加している傾向があります。ストレスや遺伝が主なうつ病の発症原因とされていますが、医学で完全に解明されているわけではありません。うつ病は非常に難しい病気ではありますが、早期発見と効率良く治療を進めることで回復させることができます。なるべく早くうつ病の発症を確認するためにも、初期症状について詳しく知っておくようにしましょう。ほとんどの方が、仕事などの影響で蓄積されたストレスによって症状が出始め、知らぬ間に容体が悪化していきます。気分が落ち込んだり、やる気が全く起きなくなったり、常にネガティブな状態になったりするのが、精神的な初期症状として多いようです。又、身体的な初期症状もあり、一般的に知られているのが睡眠障害や体重の増減で、人によって起こる内容が違ってきます。ほとんど普段と変わらない方も中にはいらっしゃるので、自分自身で気付かないケースが多いと言われています。インターネット上にうつ病診断サイトがたくさんあるので、定期的に自己診断を行って判断するのも一つの対策方法です。1ヶ月に1回のペースで自己診断をして、うつ病の可能性があると判断されたら、すぐにメンタルクリニック等の専門病院を行きましょう。自然治癒の可能性が低いため、専門病院で治療を受けないと社会復帰することができなくなってしまいます。専門病院では、最初にカウンセリングや身体検査でしっかり診断を行い、その後に治療方法を先生が提案してくれます。病院によって若干進め方に違いがありますが、ほとんどの病院が患者に合わせた方法を提案してくれるので、それに従って治療を行った方がいいでしょう。うつ病の治療は、基本的に休養が必要になるので、勤められている方は休職もしくは退職をしなければいけません。薬や通院費が高額ですが、補償制度を利用したり、生活保護を受けたりするのが一般的なので、恥ずかしがらず全ての制度を活用し、うつ病の治療に専念するようにしましょう。